法人と個人事業主のためのビジネスローン総合サイト

ビジネスローンとは何なのか

個人事業主とビジネスローンの関係

個人事業主向けビジネスローンは、ビジネスローン専門業者や信販、銀行など多くの業界が進出している分野です。競争が激しいわけですから、借主の立場からすれば必要に応じて、多くの種類から選ぶことができるようになっているとも言えるでしょう。

また、個人事業主向けビジネスローンの多くは、保証人不要、無担保で借りることができます。一般的な融資が得づらい個人事業主にとっては大きな資金繰りの味方になります。銀行での融資には長い時間がかかりますが、ビジネスローンは最短即日で借り入れができるという時間面でのメリットもあります。

とはいえ、個人事業主ビジネスローンにも審査があります。以下、審査に必要な書類等についても見ていきましょう。

個人事業主に求められるローンの審査基準

個人事業主に求められる提出書類は、主に「本人確認書類」「確定申告書」の2点のみ。比較的簡単な書類で審査が可能なのですが、「確定申告書」に落とし穴があります。

多くのところでは、2期分、つまり2年分の「確定申告書」が求められます。つまり、少なくとも開業から2年経過していないと審査に必要な書類が揃わないのです。このため、開業まもない個人事業主や、2年連続で赤字を計上している個人事業主には途端にハードルが高くなります。

とはいえ、これはあくまでも原則論です。同じ赤字でも、1期目の赤字を繰り越している場合や、1期目で大きな黒字を出したものの、株価暴落などの社会情勢などで2期目に赤字を計上してしまった場合にはこの限りではないので、まず審査を受けてみるのが大切かもしれません。